新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。


今日から本格的な仕事始めという方が多いのではないでしょうか。

心あらたに、新しい一年の過ごし方を思い描いておられることと

思います。


弊社は昨年、設立10周年を迎え、次の10年に向けて

「営業チーム強化のノウハウ」をより多くの企業に伝えるために、

いろいろな新しい取り組みを始めています。


その第一弾として「小さな会社の営業マン即戦力メソッド」という

動画を作成して、まずメルマガ読者のみなさまに先行販売をスタート

しました。


予想以上のお申し込みをいただき、はじめてということもあって

かなりバタバタなスケジュールでしたが、なんとか年内の納品にも

間に合わすことができてホッと胸をなでおろしています。


今年はいよいよ一般販売を開始します。

そのプロモーション用の動画撮影を年末ぎりぎりまでやっていました。


いつでも新しいことをやるときは、「これ、できたらすごいな」という

期待と、「うまくいかなかったらどうしよう・・・」という不安が

入り混じって、なんともいえない緊張感があります。


今年は久しぶりにそんな緊張感を感じながら新年を迎えました。


ときどき不安のほうが大きくなって

「やっぱり、やめたほうがいいんじゃないか」と、

弱気になることもありますが、そんな気持ちを乗り越えるのは、

やはり「クライアントの役に立つ」という思いです。


不安になるときは、たいてい「売れるかどうか」に意識が

行ってしまっているときです。


だけど「どうやってクライアントの役に立つか」に意識が戻ると

不安はきれいさっぱりなくなって、クライアント企業の人たちが

喜んでくれている顔を想像するとワクワクしてきてどんどん気持ちが

高まってきます。


たとえ失敗しても、うまくいくまでやってみようという気持ちに

なるのです。


誰かの役に立ちたい、喜んでもらいたいという思いは、何よりも

自分の大きな力になるということをあらためて感じます。


ふだんからお伝えしているビジネスのもっとも重要な基本スタンスを、

身をもって体感しているしだいです。


そんなわけで、今年の弊社は次の10年に向けて始めた

新しいチャレンジを加速していく年にしていきます。



今年も楽しくがんばりましょう!

最新記事

すべて表示

新年あけましておめでとうございます。 世の中の混乱とはうらはらにおだやかに晴れ渡ったお正月でしたね。 年末に「変わらないものに目を向ける」というお話をしましたが、 まわりが揺れ動いているときほど心を落ちつけて、いつもおだやかな 気持ちでいたいとあらためて思いました。 ご存知のように、年末にその年を一文字で表すという恒例のイベントが ありますが、 わたしが個人的に昨年を一文字で表すなら「深」です。

こんにちは。 2020年も残すところあとわずかとなりましたね。 今年は新型コロナウイルスの世界的な猛威にはじまり、 緊急事態宣言による外出、移動の制限、まさかの東京オリンピックの 延期と、経済に大きな影響を与えるできごとがつづきました。 さらに夏の終わりには、安倍前総理がとつぜん辞任を発表し、 秋に行われたアメリカ大統領選では未だ先行きが見えない大混乱が 続いているようです。 予想もしていなかった

こんにちは。 今回ご紹介する相談の内容は、 ************************** 「少し前に予算をかけて営業支援システムを導入したが、 いつの間にか営業マンがウソの報告をしてくるように なってしまった」 ************************** というものです。 訪問数を実際より多めに申告していることが最近になって わかったそうです。 この問題は、前回の「営業マンが日報