9年目

こんにちは、庄司です。

わたしが営業チーム強化専門のコンサルタントとして独立してから

今年で9年目に入りました。

早いもので、来年には10周年をむかえます。

ふり返れば、けっして準備万端でスタートしたわけではなく、

46才でリクルートを退社した後に、役員として参加した知人の会社が

うまく軌道にのらず1年間無収入が続き、そもそも無計画で、たいした

貯金もしていなかったわたしは食うために会社を離れるしかなくなって

しまったのです。

「これでだめならホームレスかも・・・」という状態からのスタートは、

たとえるなら、荒波にひとりで手漕ぎボートで漕ぎ出したような、先行きの

見えない不安いっぱいの船出でした。

それから約1ヶ月、今の自分にできることは何か?

どうすれば誰かの役にたてるのか?

それをどういう形で提供すればいいのかを必死で考え、本を読みまくり、

ネットを調べ続けました。

頭からケムリを出しながらたどりついたのが、経営者や営業責任者を

対象にした営業チーム強化専門のコンサルタントという仕事でした。

わたしがリクルートで徹底的に学んだことで営業強化の根本ともいうべき

「チーム運用のノウハウ」が、世間ではほとんど伝えられていないという

ことがはっきりとわかったのです。

「これは、やるしかない!」

驚いたことに、方針が決まるとすぐに会社を経営している友人が

コンサルティングを依頼してくれました。

続いて、リクルートの先輩や仲間が企業を紹介してくれました。

その後もクライアントがクライアントを紹介してくれたりして、

いつの間にか途切れることなく依頼がくる状態になっていました。

さらに独立から3年たったころには、仲間のコンサルタントのみなさんが

後押しをしてくれたおかげで自分の著書を出すことができて、

本を読んでいただいた人たちからも依頼がくるようになりました。

思えば、たくさんの出会いに恵まれて、ここまでやってくることが

できたんだなあと、あらためて感じます。

それを考えると、1年間無収入になってしまったことも「早く独立しろ」

という天の声だったのかもしれません。

これまでの8年間で、セミナーや研修に参加していただいた企業は

2000社以上、1年以上の長期で個別コンサルティングを受けていただいた

企業も30社を超えました。

とくに個別コンサルティングを受けていただいたクライアント企業の

多くは、依頼をいただいた当初の苦しい状態から完全に脱して順調に

業績を伸ばしています。

50代も半ばを過ぎて、これまでつみ重ねてきた自分の経験が、

多少なりとも誰かの役にたてているということは、とてもうれしく

ありがたいことです。

いっしょに営業改革に取り組んできたクライアント企業のみなさんとの

エピソードは、一社一社がドラマのように思い出されます。

そんなクライアント企業のみなさんとのエピソードも、今後、この

メルマガでも紹介していきたいと考えています。

丸8年がたったとはいえ、まだまだ道なかば、課題もたくさんありますが、

これからもますます楽しみながらビジネスを進化させていきたいと思います。

引き続き、おつきあいよろしくお願いします。

最新記事

すべて表示

新年あけましておめでとうございます。 世の中の混乱とはうらはらにおだやかに晴れ渡ったお正月でしたね。 年末に「変わらないものに目を向ける」というお話をしましたが、 まわりが揺れ動いているときほど心を落ちつけて、いつもおだやかな 気持ちでいたいとあらためて思いました。 ご存知のように、年末にその年を一文字で表すという恒例のイベントが ありますが、 わたしが個人的に昨年を一文字で表すなら「深」です。

こんにちは。 2020年も残すところあとわずかとなりましたね。 今年は新型コロナウイルスの世界的な猛威にはじまり、 緊急事態宣言による外出、移動の制限、まさかの東京オリンピックの 延期と、経済に大きな影響を与えるできごとがつづきました。 さらに夏の終わりには、安倍前総理がとつぜん辞任を発表し、 秋に行われたアメリカ大統領選では未だ先行きが見えない大混乱が 続いているようです。 予想もしていなかった

こんにちは。 今回ご紹介する相談の内容は、 ************************** 「少し前に予算をかけて営業支援システムを導入したが、 いつの間にか営業マンがウソの報告をしてくるように なってしまった」 ************************** というものです。 訪問数を実際より多めに申告していることが最近になって わかったそうです。 この問題は、前回の「営業マンが日報