bn_ebook.png
bn_mailmagazine.png
btn_online_202106.png
book3.jpg

部下が力を発揮する指示の出し方とは?

「うちの社員は言われたことしかやらない、自分でものを考えない」という声を

よく聞きますが、じつはそれ、あなたの指示の出し方がまちがっているのかもしれません。


こんな社長さんがいました。


30代で会社を創業されて、当時70歳を超えておられたので、かれこれ40年近く会社を

経営されています。


とうぜん超ワンマンな方です。


コンサルの依頼をいただいたので、まず朝礼を見せてもらいました。


すると、社長が「明日、全員Tシャツでくるように、以上」


と、おっしゃって、朝礼が終わりました。


必要最小限のことしか言わないので、社員はパニックです。


「なんで、Tシャツなんだろう?」

「色は?半袖?長袖?下はGパンでいいの?」


結果、全員がもっとも無難な白の半そでのTシャツでくることになります。


あとで、社長になんでTシャツなんですか?と聞くと


「ああ、今週大事なお客さまが来るので、最近社内が汚れてたから

明日大掃除をしようと思ってんるだ。」


と、おっしゃる。


わたしが社長に「ちゃんと目的を伝えたほうがいいですよ」というと、


「なんでわしがそんなことつたえにゃならんのだ」


と、言ったという笑い話のようなほんとうの話です。


ちょっと手間をかけて、「何のためにTシャツで着てほしいのか?」を伝えれば、

社員としては「ああ、そうか、じゃあ、トレーナーでもいいし、色はなんでもいいな。」

と自分で判断ができるし、さらに、「そうじをするなら雑巾があったほうがいいな、うちにあまってるモップがあったからそれを持ってこよう!」などと、工夫も生まれます。


このように、部下に指示を出すときには、少し手間をかけてでも目的をしっかり

伝えることで、パフォーマンスが大きくアップします。


たとえば、事務の人にコピーをたのむのでも、ただ「コピーとっといて」と

言うよりも


「午後から、重要な商談があるので、この資料5人分コピーしておいてね。」

と、目的を伝えておけば


たのまれた人も


「大事な商談なら、ホチキスもしっかり止めなきゃな、セットもていねいにセットしよう」


というように工夫ができるようになります。


さらに、事前にそうしたやり取りがあれば、商談が終わった後で


「君のおかげで、商談すごくうまくいったよ。きれいにコピーしてくれて

ありがとう。」


といったやりとりもできます。


だから、優秀なリーダーは、部下に指示を出したり、何かを依頼するときには

少し手間をかけてでも、しっかり目的を伝えることにパワーをここのさいているのです。



最新記事

すべて表示

部下にいい結果を出してほしいというのはリーダー共通の思いですが、 なかなか結果が出ない人は必ずいます。 そんな人には思わず「結果を出せ」とか「やる気を出せ」と言ってしまいますが、 結果を出す力がない人に「結果を出せ」といっても逆効果になるだけです。 こんな話がありました。 お掃除用具のレンタルの会社があって、そこでは女性のパートさんのチームが 新規開拓を担当していいたのですが、なかなか新規がとれな

多くの会社が、まだ使っていない最強の武器があります。 それはチームワークです! わたしは、コンサルタントして独立してから10年以上がたちますが、終始一貫、 個人営業からチーム営業にシフトすることをお薦めしてきました。 とくに中小企業は、この成果が如実に現れます。 5年連続前年比割れしていた会社が、1年で前年比アップを達成して、それ以来、 10年以上右肩上がりに転じたり、月額赤字続きで倒産寸前だった

成績が悪い人に対して、責任追及ばかりする人っていますよね。 でも強いチームのリーダーはちがいます。 強いチームのリーダーは ・なぜ、業績が上がらないのかをしっかり分析して、 ・原因と思われる行動をピックアップして ・その行動を修正していきます。 以前にこんなことがありました。 ある若手の営業マンが、なかなか契約が取れません。 とてもまじめな子で、一生懸命電話をして、たくさんお客さまに訪問して、見込