top of page

部下が力を発揮する指示の出し方とは?

「うちの社員は言われたことしかやらない、自分でものを考えない」という声を

よく聞きますが、じつはそれ、あなたの指示の出し方がまちがっているのかもしれません。


こんな社長さんがいました。


30代で会社を創業されて、当時70歳を超えておられたので、かれこれ40年近く会社を

経営されています。


とうぜん超ワンマンな方です。


コンサルの依頼をいただいたので、まず朝礼を見せてもらいました。


すると、社長が「明日、全員Tシャツでくるように、以上」


と、おっしゃって、朝礼が終わりました。


必要最小限のことしか言わないので、社員はパニックです。


「なんで、Tシャツなんだろう?」

「色は?半袖?長袖?下はGパンでいいの?」


結果、全員がもっとも無難な白の半そでのTシャツでくることになります。


あとで、社長になんでTシャツなんですか?と聞くと


「ああ、今週大事なお客さまが来るので、最近社内が汚れてたから

明日大掃除をしようと思ってんるだ。」


と、おっしゃる。


わたしが社長に「ちゃんと目的を伝えたほうがいいですよ」というと、


「なんでわしがそんなことつたえにゃならんのだ」


と、言ったという笑い話のようなほんとうの話です。


ちょっと手間をかけて、「何のためにTシャツで着てほしいのか?」を伝えれば、

社員としては「ああ、そうか、じゃあ、トレーナーでもいいし、色はなんでもいいな。」

と自分で判断ができるし、さらに、「そうじをするなら雑巾があったほうがいいな、うちにあまってるモップがあったからそれを持ってこよう!」などと、工夫も生まれます。


このように、部下に指示を出すときには、少し手間をかけてでも目的をしっかり

伝えることで、パフォーマンスが大きくアップします。


たとえば、事務の人にコピーをたのむのでも、ただ「コピーとっといて」と

言うよりも


「午後から、重要な商談があるので、この資料5人分コピーしておいてね。」

と、目的を伝えておけば


たのまれた人も


「大事な商談なら、ホチキスもしっかり止めなきゃな、セットもていねいにセットしよう」


というように工夫ができるようになります。


さらに、事前にそうしたやり取りがあれば、商談が終わった後で


「君のおかげで、商談すごくうまくいったよ。きれいにコピーしてくれて

ありがとう。」


といったやりとりもできます。


だから、優秀なリーダーは、部下に指示を出したり、何かを依頼するときには

少し手間をかけてでも、しっかり目的を伝えることにパワーをここのさいているのです。



最新記事

すべて表示

【新春スペシャル対談】しゃべらないトップ営業 渡瀬 謙さん登場!その2

こんにちは。 前回から、新春スペシャル対談として サイレントセールストレーナーとして30冊以上の 著書の出版をはじめ、企業研修やセミナー、コンサルティングと 幅広く活躍されている渡瀬謙さんとの対談を3回にわたって お送りしています。 第1週めは、ご自身のリクルート時代のエピソードについて お話ししてもらいましたが、 第2回はいよいよ本題 「なぜ、できる人は教えるのが下手なのか?」 というテーマで話

【新春スペシャル対談】しゃべらないトップ営業 渡瀬 謙さん登場!

こんにちは。 今回から、新春スペシャルとして サイレントセールストレーナーとして30冊以上の 著書の出版をはじめ、企業研修やセミナー、コンサルティングと 幅広く活躍されている渡瀬謙さんとの対談を3回にわたって お送りします。 渡瀬さんは、自称 ・口下手、 ・人見知り、 ・極端に内向的な性格 という、およそ一般的にイメージするトップ営業マンとは 真逆の性格でありながら、営業の猛者が集まるリクルートで

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。 お正月明けの3連休も終わり、街も今日から本格的に 動き出しましたね。 今年はどんな一年になるのか、今から楽しみです。 わたしは、今年を「再始動」の年と位置づけました。 世の中的にはここ3年近く続いたコロナ騒ぎから ようやく抜け出していよいよ本格的に再始動。 年末年始の帰省ラッシュの光景や、初詣の賑わいも 戻ってきて、とてもうれしい気持ちになりました。 年末から

Comments


bottom of page