bn_ebook.png
bn_mailmagazine.png
btn_online_202106.png
book3.jpg

若手営業マンの育成「売れない人をどうやって育てればいいのか?」


こんにちは。


ユーチューブ動画の第2弾をお届けします。


今回は、


「売れない人をどうやって育てればいいのか?」


について話しています。


どこの会社でも売れる人と売れない人が存在します。

リーダーは、売れない人をなんとかしようと奮闘しますが

なかなかうまくいっていません。


なぜでしょう?


それは、売れない原因をかんちがいしていて、指導方法がまちがって

いるからです。


売れない人を育てるために、やるべきことは何か?




答えはこちらから


最新記事

すべて表示

部下にいい結果を出してほしいというのはリーダー共通の思いですが、 なかなか結果が出ない人は必ずいます。 そんな人には思わず「結果を出せ」とか「やる気を出せ」と言ってしまいますが、 結果を出す力がない人に「結果を出せ」といっても逆効果になるだけです。 こんな話がありました。 お掃除用具のレンタルの会社があって、そこでは女性のパートさんのチームが 新規開拓を担当していいたのですが、なかなか新規がとれな

「うちの社員は言われたことしかやらない、自分でものを考えない」という声を よく聞きますが、じつはそれ、あなたの指示の出し方がまちがっているのかもしれません。 こんな社長さんがいました。 30代で会社を創業されて、当時70歳を超えておられたので、かれこれ40年近く会社を 経営されています。 とうぜん超ワンマンな方です。 コンサルの依頼をいただいたので、まず朝礼を見せてもらいました。 すると、社長が「

多くの会社が、まだ使っていない最強の武器があります。 それはチームワークです! わたしは、コンサルタントして独立してから10年以上がたちますが、終始一貫、 個人営業からチーム営業にシフトすることをお薦めしてきました。 とくに中小企業は、この成果が如実に現れます。 5年連続前年比割れしていた会社が、1年で前年比アップを達成して、それ以来、 10年以上右肩上がりに転じたり、月額赤字続きで倒産寸前だった