bn_ebook.png
bn_mailmagazine.png
btn_online_202106.png
book3.jpg

強いチームのリーダーは責任追及をしない

成績が悪い人に対して、責任追及ばかりする人っていますよね。

でも強いチームのリーダーはちがいます。


強いチームのリーダーは


・なぜ、業績が上がらないのかをしっかり分析して、

・原因と思われる行動をピックアップして

・その行動を修正していきます。


以前にこんなことがありました。

ある若手の営業マンが、なかなか契約が取れません。


とてもまじめな子で、一生懸命電話をして、たくさんお客さまに訪問して、見込みもそこそこ上がってくるのに、なぜか契約にならないのです。


不思議だなあと思って、あらためてその営業マンの見込み表を見てみると、あることに気がつきました。

見込客はたくさん書いているのに、受注予定日がほとんど書かれていなかったのです。


そこで、本人に聞いてみると


「検討しておきます。」とだけ言われるので、受注予定日がわからない と言うのです。


そこで、「いつごろご返事いただけますか?」って聞いてる? と聞くと、いいえと言うのです。


「いつごろご返事いただけますか?」って聞ける?と言うと はいと言いいます。


OK,じゃあ、お客さんがいつごろまでには返事しますよって言ってくれたら、そのころに一度こちらからご連絡してみますね と伝えて と言うと「わかりました」となりました。


それから1,2週間もすると、とてもまじめな子なので、言われたことをしっかり実行してくれたようで、受注予定日に日付が入るようになりました。


そして、1ヶ月もたつころにはどんどん受注になりだして、目標を達成できるようになったのです。


これ、ほんとに小さな行動の修正なんですが、それによって結果が大きく変わるということはよくあることなんです。


責任追及をしても、いい結果にはなることはありません。


今日のまとめ

リーダーの仕事は、責任追及ではなく、行動を修正するサポートをすること

最新記事

すべて表示

部下にいい結果を出してほしいというのはリーダー共通の思いですが、 なかなか結果が出ない人は必ずいます。 そんな人には思わず「結果を出せ」とか「やる気を出せ」と言ってしまいますが、 結果を出す力がない人に「結果を出せ」といっても逆効果になるだけです。 こんな話がありました。 お掃除用具のレンタルの会社があって、そこでは女性のパートさんのチームが 新規開拓を担当していいたのですが、なかなか新規がとれな

「うちの社員は言われたことしかやらない、自分でものを考えない」という声を よく聞きますが、じつはそれ、あなたの指示の出し方がまちがっているのかもしれません。 こんな社長さんがいました。 30代で会社を創業されて、当時70歳を超えておられたので、かれこれ40年近く会社を 経営されています。 とうぜん超ワンマンな方です。 コンサルの依頼をいただいたので、まず朝礼を見せてもらいました。 すると、社長が「

多くの会社が、まだ使っていない最強の武器があります。 それはチームワークです! わたしは、コンサルタントして独立してから10年以上がたちますが、終始一貫、 個人営業からチーム営業にシフトすることをお薦めしてきました。 とくに中小企業は、この成果が如実に現れます。 5年連続前年比割れしていた会社が、1年で前年比アップを達成して、それ以来、 10年以上右肩上がりに転じたり、月額赤字続きで倒産寸前だった