使命感をもつということ

わたしは、これまでクライアント企業との取り組みのなかで

人が力を発揮するためには


「自分たちは何のためにこの仕事をしているのか」


を明確にするということが、いかに大切かを実感してきましたが、

このたびの大地震による被災地で、過酷な救援活動に従事する

方々の姿を見て、使命感をもった人たちが発揮する力のすごさを、

よりいっそう確信することとなりました。


今日は、使命感をもつことの重要性について感じたことを

書いてみたいと思います。


ニュースでは、被災地で救助と復興支援のために作業をする

たくさんの人たちの姿が報道されています。

その無私でひたむきな姿にはそのたびに心打たれます。


なかでも、福島原発で起きた重大な事故に際して、命がけの作業で

おそらく戦後日本の最大の危機を救ってくれた東京消防庁や自衛隊、

現場の東電関係者の方々の話には、多くの人が深い感動と尊敬の念を

覚えたことと思います。


なぜ、彼らはあれほどの自己犠牲をはらって、危険な作業に

挑むことができたのか?


仕事だから?

お金のため?

どこぞの大臣に「やらないとクビにする」と言われたから?


お金を積まれたり、だれかに恫喝されたからといってできるような

ことでないことは、自分に置き換えて想像すれば誰だってわかりますよね。


わたしは、極限状態での作業を可能にしたのはただひとつ、


「家族を守る 地元の人たちを守る 国を守る」


という強い使命感だったのではないかと思っています。


過酷な任務を遂行したハイパーレスキュー隊の方々の記者会見を

見たとき、とても自分にできるようなことではないと

大きな尊敬の念を抱きながらも、ある種のうらやましさを

感じました。


ではなぜ、彼らをうらやましいと感じたのか?

少し考えてみたいと思います。

つづく

最新記事

すべて表示

新年あけましておめでとうございます。 世の中の混乱とはうらはらにおだやかに晴れ渡ったお正月でしたね。 年末に「変わらないものに目を向ける」というお話をしましたが、 まわりが揺れ動いているときほど心を落ちつけて、いつもおだやかな 気持ちでいたいとあらためて思いました。 ご存知のように、年末にその年を一文字で表すという恒例のイベントが ありますが、 わたしが個人的に昨年を一文字で表すなら「深」です。

こんにちは。 2020年も残すところあとわずかとなりましたね。 今年は新型コロナウイルスの世界的な猛威にはじまり、 緊急事態宣言による外出、移動の制限、まさかの東京オリンピックの 延期と、経済に大きな影響を与えるできごとがつづきました。 さらに夏の終わりには、安倍前総理がとつぜん辞任を発表し、 秋に行われたアメリカ大統領選では未だ先行きが見えない大混乱が 続いているようです。 予想もしていなかった

こんにちは。 今回ご紹介する相談の内容は、 ************************** 「少し前に予算をかけて営業支援システムを導入したが、 いつの間にか営業マンがウソの報告をしてくるように なってしまった」 ************************** というものです。 訪問数を実際より多めに申告していることが最近になって わかったそうです。 この問題は、前回の「営業マンが日報