もしも、あなたがハイパーレスキュー隊の隊長だったら?その3

エピソードその3 自分たちは英雄ではない


最後に彼らは言いました。

「自分たちは英雄ではありません。やるべき職務を

まっとうしただけです。」


おそらくこれはただの謙遜ではなく、本心から出た言葉でしょう。

彼らがそう言えるのは、日々の作業にこの上ない充実感を

感じているからだとわたしは思います。


使命感をもった仕事を、信頼できる上司や仲間たちと、

明確な役割分担をもって遂行する。

この当たり前のようでいて、なかなかできていないことを

彼らはやっている。

人を助ける、人に喜んでもらうという行為は、同時にそれを

与える人にも誇りと充実感をもたらします。

まして、たくさんの人の命に関わることならなおさらでしょう。

さらにそれを分かち合える仲間がいるということには、

この上もない幸福感を感じられることと思います。

その誇りと充実感によって、彼らの人生は十分に幸せであり

光り輝いているのです。

地位や名誉やお金以上の幸せをすでに手にしているのです。

英雄の称号に興味がないのはあたりまえかもしれませんね。


☆鉄壁のチームワークが生まれる理由③

仕事に対する誇りと充実感が最高のチームワークと

パフォーマンスを生む


いかがでしょう?

ハイパーレスキュー隊のような、他人のために自分の命を

危険にさらす究極の仕事においては、チームがチームとして

機能するための絶対的な条件が必要になります。

そこからはたくさんの学ぶべきことがあります。


もしもあなたがリーダーで、チームがうまくいかずに

悩んでいるのなら、ハイパーレスキュー隊の隊長に

なったことを想像してみてください。


今まで気づかなかった自分のやるべきことが見えてくるかも

しれません。

最新記事

すべて表示

新年あけましておめでとうございます。 世の中の混乱とはうらはらにおだやかに晴れ渡ったお正月でしたね。 年末に「変わらないものに目を向ける」というお話をしましたが、 まわりが揺れ動いているときほど心を落ちつけて、いつもおだやかな 気持ちでいたいとあらためて思いました。 ご存知のように、年末にその年を一文字で表すという恒例のイベントが ありますが、 わたしが個人的に昨年を一文字で表すなら「深」です。

こんにちは。 2020年も残すところあとわずかとなりましたね。 今年は新型コロナウイルスの世界的な猛威にはじまり、 緊急事態宣言による外出、移動の制限、まさかの東京オリンピックの 延期と、経済に大きな影響を与えるできごとがつづきました。 さらに夏の終わりには、安倍前総理がとつぜん辞任を発表し、 秋に行われたアメリカ大統領選では未だ先行きが見えない大混乱が 続いているようです。 予想もしていなかった

こんにちは。 今回ご紹介する相談の内容は、 ************************** 「少し前に予算をかけて営業支援システムを導入したが、 いつの間にか営業マンがウソの報告をしてくるように なってしまった」 ************************** というものです。 訪問数を実際より多めに申告していることが最近になって わかったそうです。 この問題は、前回の「営業マンが日報