top of page

もしも、あなたがハイパーレスキュー隊の隊長だったら?その3

エピソードその3 自分たちは英雄ではない


最後に彼らは言いました。


「自分たちは英雄ではありません。やるべき職務を

まっとうしただけです。」


おそらくこれはただの謙遜ではなく、本心から出た言葉でしょう。

彼らがそう言えるのは、日々の作業にこの上ない充実感を

感じているからだとわたしは思います。


使命感をもった仕事を、信頼できる上司や仲間たちと、

明確な役割分担をもって遂行する。

この当たり前のようでいて、なかなかできていないことを

彼らはやっている。


人を助ける、人に喜んでもらうという行為は、同時にそれを

与える人にも誇りと充実感をもたらします。

まして、たくさんの人の命に関わることならなおさらでしょう。


さらにそれを分かち合える仲間がいるということには、

この上もない幸福感を感じられることと思います。

その誇りと充実感によって、彼らの人生は十分に幸せであり

光り輝いているのです。

地位や名誉やお金以上の幸せをすでに手にしているのです。

英雄の称号に興味がないのはあたりまえかもしれませんね。


☆鉄壁のチームワークが生まれる理由③


仕事に対する誇りと充実感が最高のチームワークと

パフォーマンスを生む


いかがでしょう?

ハイパーレスキュー隊のような、他人のために自分の命を

危険にさらす究極の仕事においては、チームがチームとして

機能するための絶対的な条件が必要になります。

そこからはたくさんの学ぶべきことがあります。


もしもあなたがリーダーで、チームがうまくいかずに

悩んでいるのなら、ハイパーレスキュー隊の隊長に

なったことを想像してみてください。


今まで気づかなかった自分のやるべきことが見えてくるかも

しれません。

最新記事

すべて表示

【新春スペシャル対談】しゃべらないトップ営業 渡瀬 謙さん登場!その2

こんにちは。 前回から、新春スペシャル対談として サイレントセールストレーナーとして30冊以上の 著書の出版をはじめ、企業研修やセミナー、コンサルティングと 幅広く活躍されている渡瀬謙さんとの対談を3回にわたって お送りしています。 第1週めは、ご自身のリクルート時代のエピソードについて お話ししてもらいましたが、 第2回はいよいよ本題 「なぜ、できる人は教えるのが下手なのか?」 というテーマで話

【新春スペシャル対談】しゃべらないトップ営業 渡瀬 謙さん登場!

こんにちは。 今回から、新春スペシャルとして サイレントセールストレーナーとして30冊以上の 著書の出版をはじめ、企業研修やセミナー、コンサルティングと 幅広く活躍されている渡瀬謙さんとの対談を3回にわたって お送りします。 渡瀬さんは、自称 ・口下手、 ・人見知り、 ・極端に内向的な性格 という、およそ一般的にイメージするトップ営業マンとは 真逆の性格でありながら、営業の猛者が集まるリクルートで

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。 お正月明けの3連休も終わり、街も今日から本格的に 動き出しましたね。 今年はどんな一年になるのか、今から楽しみです。 わたしは、今年を「再始動」の年と位置づけました。 世の中的にはここ3年近く続いたコロナ騒ぎから ようやく抜け出していよいよ本格的に再始動。 年末年始の帰省ラッシュの光景や、初詣の賑わいも 戻ってきて、とてもうれしい気持ちになりました。 年末から

Comments


bottom of page