もしも、あなたがハイパーレスキュー隊の隊長だったら?

わたしは「営業チームづくりのコンサルタント」という仕事がら、

多くの経営者やチームリーダーから「メンバーが思ってように

動いてくれない」という悩みを聞きます。


そんな人たちにとって、鉄壁のチームワークで福島原発の

注水作業を成功させたハイパーレスキュー隊の姿はどのように

映ったのでしょうか?


前回、使命感をもつことで生まれる驚異的な力について

書きましたが、今日はかれらの鉄壁のチームワークが

なぜ生まれるのかについて考えてみたいと思います。


先日、作業にあたった隊員の方々の話をテレビで見ていて

「なるほど!」と思うことがいくつかあったので紹介します。


エピソードその1 引きずってでも全員で帰る


彼らは決して命知らずの無頼漢ではありません。

任務を聞かされた時には「体が震えた」と言い、現場に向かう

バスの中では極度の緊張感から誰もが終始無言だったと言っています。

きびしい訓練で鍛えぬかれているとはいえ、私たちと同じように

死ぬことに恐怖を覚えるごく普通の感覚をもった人たちなのです。


そんな彼らを奮い立たせていたものは、

「死ぬ気でいけ!」とか「命をかけろ!」といった上官からの

鼓舞ではなく「何があっても全員で帰る」という言葉でした。


「自分の命を守り通せ!」


これがレスキュー隊の鉄の掟なのだそうです。


人命救助を最優先とするレスキュー隊だからこそまず自分の命を守る、

これこそが危険な任務に挑む彼らの基本姿勢なのです。


自分たちの命は大切にされている

組織に、上司に、仲間に大切にされている


この信頼感が、ぎりぎりの状況のなかで命がけの作業を

するためには絶対に欠かせない要因なのです。


その言葉が口先だけでないことは、任務を終えたあとの

記者会見で、隊員の家族に申し訳ないと言って絶句した

総括隊長の姿を見ればわかりますね。


☆鉄壁のチームワークが生まれる理由①


自分は大切にされている」と感じられることで、

はじめてメンバーは最大限の力を発揮することができる。

つづく

最新記事

すべて表示

新年あけましておめでとうございます。 世の中の混乱とはうらはらにおだやかに晴れ渡ったお正月でしたね。 年末に「変わらないものに目を向ける」というお話をしましたが、 まわりが揺れ動いているときほど心を落ちつけて、いつもおだやかな 気持ちでいたいとあらためて思いました。 ご存知のように、年末にその年を一文字で表すという恒例のイベントが ありますが、 わたしが個人的に昨年を一文字で表すなら「深」です。

こんにちは。 2020年も残すところあとわずかとなりましたね。 今年は新型コロナウイルスの世界的な猛威にはじまり、 緊急事態宣言による外出、移動の制限、まさかの東京オリンピックの 延期と、経済に大きな影響を与えるできごとがつづきました。 さらに夏の終わりには、安倍前総理がとつぜん辞任を発表し、 秋に行われたアメリカ大統領選では未だ先行きが見えない大混乱が 続いているようです。 予想もしていなかった

こんにちは。 今回ご紹介する相談の内容は、 ************************** 「少し前に予算をかけて営業支援システムを導入したが、 いつの間にか営業マンがウソの報告をしてくるように なってしまった」 ************************** というものです。 訪問数を実際より多めに申告していることが最近になって わかったそうです。 この問題は、前回の「営業マンが日報