がんばったつもりがないって?

2週にわたってお送りしてきた新しいパートナーコンサルタント

宮地幸夫さんのインタビューもいよいよ完結編です。

「人と同じことはやりたくない」という思いから試行錯誤のすえに

独自のパターンをつくりあげ、32クォーター(約8年)連続目標達成

というとんでもない記録を残した宮地さんですが、本人はがんばった

つもりがないというのです。

今回はここから

――――――――――――――――――――――――――――――

庄司「それにしても8年間一度も目標はずしたことがないって

すごいことですよね。まるでヒクソン・グレーシーじゃないですか。

宮地さんが目標をはずしたところを誰も見たことがないわけですもんね。」

宮地「うん、でも自分ではがんばったつもりもないんだよ。」

庄司「えっ?」

宮地「なんていうか、どこかにかくれてるお客さんを探しあてる

ゲームをやってるっていうか、自分はこれといった趣味もない人間

だから、営業が趣味みたいな感じでおもしろくて仕方がなかったんだ。

だから営業の仕事で気合とか根性とか思ったことがないんだよね。」

庄司「う~ん、営業が趣味って、ものすごく宮地さんっぽいですよね。

世の中の営業マンが聞いたらびっくりしますよ。営業って、いまだに

多くの人が気合と根性の仕事と思ってて、やりたくない仕事のトップ

クラスですからね。」

宮地「そうなんだよね、だから自分はそうしたまちがったイメージを

払拭して、営業にたずさわる人たちに仕事を心から楽しんでもらえる

お手伝いができたらいいなと思ってるんだよ。」

庄司「ほんとですね、わたしも宮地さんといっしょに仕事ができるのが

ものすごく楽しみです。長い時間ありがとうございました。」

宮地「ありがとうございました。」

                            

――――――――――――――――――――――――――――――

★宮地幸夫からのごあいさつ

メルマガ読者のみなさま、こんにちは!宮地幸夫(みやち ゆきお)

です。インタビュー記事をお読みいただき、ありがとうございました。

わたしは、社会人になってから30年以上にわたって営業の仕事をして

きました。

営業という職種はなんのために存在するのだろう・・。

営業職として世の中に貢献できることはなんなのだろう・・・。

いつも、そんなことを考えながら仕事に取り組んできました。

昨年、あるきっかけでリクルートの後輩だった庄司さんと20数年ぶりに

再会し、彼が現在「企業の営業チームを強化するコンサルティング」に

取り組んでいることを知りました。

興味がわいてきて、実際のコンサルティング現場も見せていただきました。

そこで、クライアント企業の経営者や営業マンたちが少しずつ、

でも確実にイキイキと変化していくのを目の当たりにして

「この取り組みは、これまで自分がやってきたことを活かして多少なりとも

社会に貢献できるのではないか。」

そんな強い思いにかられ、ぜひいっしょにやってみたいと思うにいたり

ました。

今後は庄司さんと力を合わせて、努力とか根性といった抽象的で意味不明な

言葉が飛び交う営業現場に、思考と行動の「正しいルーティン」を示して、

「営業ってこんなにおもしろいんだ」ということをひとりでも多くの方に

お伝えしていきたいと考えています。

これから庄司ともどもよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

新年あけましておめでとうございます。 世の中の混乱とはうらはらにおだやかに晴れ渡ったお正月でしたね。 年末に「変わらないものに目を向ける」というお話をしましたが、 まわりが揺れ動いているときほど心を落ちつけて、いつもおだやかな 気持ちでいたいとあらためて思いました。 ご存知のように、年末にその年を一文字で表すという恒例のイベントが ありますが、 わたしが個人的に昨年を一文字で表すなら「深」です。

こんにちは。 2020年も残すところあとわずかとなりましたね。 今年は新型コロナウイルスの世界的な猛威にはじまり、 緊急事態宣言による外出、移動の制限、まさかの東京オリンピックの 延期と、経済に大きな影響を与えるできごとがつづきました。 さらに夏の終わりには、安倍前総理がとつぜん辞任を発表し、 秋に行われたアメリカ大統領選では未だ先行きが見えない大混乱が 続いているようです。 予想もしていなかった

こんにちは。 今回ご紹介する相談の内容は、 ************************** 「少し前に予算をかけて営業支援システムを導入したが、 いつの間にか営業マンがウソの報告をしてくるように なってしまった」 ************************** というものです。 訪問数を実際より多めに申告していることが最近になって わかったそうです。 この問題は、前回の「営業マンが日報