いよいよ発売開始!

本日、弊社パートナーコンサルント宮地幸夫さんのはじめての著書が

発売となりました。(書店によってならぶまでに若干のタイムラグがありますが)

タイトルは

「宮地式『売れる営業』に変わる 40の"ちょっとした工夫"」です。

https://www.amazon.co.jp/dp/4804718222/ref

リクルート時代に顧客ゼロの状態からはじめて、その後すべて自身による

新規開拓によって8年間にわたってすべての個人目標を達成するという

とんでもない実績を残した宮地さんですが、タイトルどおりそのとき

実行していたちょっとした工夫の数々が紹介されています。

わたしは原稿の段階から見せてもらっていたのですが、読むたびに

「なるほど!」「うわっ、まじで~」と、ひとりで興奮していました。

この本の制作にあたっては、昨年末にこのメルマガで宮地さんの紹介を

したその日に大和出版さんからオファーをいただき、さっそく年明けには

企画の打ち合わせに入り、何回かの打ち合わせののち内容が決まって

宮地さんが原稿を書き始めたのが3月の半ばすぎ、それから2か月弱で

いっきに書き上げるという大和出版編集長T氏特有の疾風怒濤の

スケジュール感で行われました。

わたしもどうなることかとハラハラして見ていましたが、最終的には

内容はもちろんタイトルも表紙のデザインもとてもすばらしい本に

できあがりました。

一見ハチャメチャに見えるスケジュールもT氏の頭のなかでは著者の

力量もふくめてちゃんと完成図が描けていたのでしょう。さすがはT氏!

「営業の強い会社」として語られるリクルートのなかでも歴代トップクラスの

実績をつくった宮地さんが、どのように営業という仕事をとらえて実際に

どんなことをやっていたのかを具体的に明かした本作品は、営業に関わる

すべての方々にきわめて重要な気づきを与えてくれるはずです。

ぜひ、読んでみてください。お薦めです!

宮地さんのプロフィールはこちら

http://www.sales-pro1.com/partner.php

最新記事

すべて表示

新年あけましておめでとうございます。 世の中の混乱とはうらはらにおだやかに晴れ渡ったお正月でしたね。 年末に「変わらないものに目を向ける」というお話をしましたが、 まわりが揺れ動いているときほど心を落ちつけて、いつもおだやかな 気持ちでいたいとあらためて思いました。 ご存知のように、年末にその年を一文字で表すという恒例のイベントが ありますが、 わたしが個人的に昨年を一文字で表すなら「深」です。

こんにちは。 2020年も残すところあとわずかとなりましたね。 今年は新型コロナウイルスの世界的な猛威にはじまり、 緊急事態宣言による外出、移動の制限、まさかの東京オリンピックの 延期と、経済に大きな影響を与えるできごとがつづきました。 さらに夏の終わりには、安倍前総理がとつぜん辞任を発表し、 秋に行われたアメリカ大統領選では未だ先行きが見えない大混乱が 続いているようです。 予想もしていなかった

こんにちは。 今回ご紹介する相談の内容は、 ************************** 「少し前に予算をかけて営業支援システムを導入したが、 いつの間にか営業マンがウソの報告をしてくるように なってしまった」 ************************** というものです。 訪問数を実際より多めに申告していることが最近になって わかったそうです。 この問題は、前回の「営業マンが日報